top of page

=ハンブルク・トリオ演奏会=

=ハンブルク・トリオ演奏会=


5月31日(水曜)

開演:19時15分 

終演:20時30分 (予定)

*休憩はありません

会場:ラフカディオ・ホール(紅蘭亭下通本店6階)


ハンブルク・トリオは、2013年ハンブルクで結成され高い評価を受けている素晴らしいピアノ・トリオです。

メンバーは、塩貝みつる(ヴァイオリン) 、ウルリッヒ・ホルン(チェロ) 、エバーハルト・ハーゼンフラッツ(ピアノ) 。

熊本地震のあと被災地で”音楽の炊き出しコンサート”にも協力していただきました。みなさん音楽も素晴らしければ人間性も最高です!


今回のプログラムの中心になる「浄められた夜」はシェーンベルクの傑作をエドゥアルト・シュトイアーマンが編曲したものです。

他にも夜にちなんだ曲を集めています。

*「浄められた夜」はひょっとしたら熊本初演かもです。知り合いの音楽好きな人数人に聞きましたが、演奏されたことを知っている人はいませんでした。


=プログラム=

シューベルト/ノットゥルノ

ラフマニノフ/ヴォカリーズ

瀧廉太郎/荒城の月

シェーンベルク(エドゥアルト・シュトイアーマン編曲)/「浄められた夜」

*「浄められた夜」の前に演奏者からの解説をします。


チケット 6000円

学生(25歳未満) 2000円 *当日学生証・生徒手帳をご持参ください。

*小学生未満のお子様は入場ご遠慮ください。

・お電話 090-6632-5795

または


主催:NPO法人オーケストラ創造



最新記事

すべて表示

マロ塾100 まもなく新作公開

NHK交響楽団のコンサートマスターマロ(篠崎史紀)さんの解説動画「マロ塾100」の新作が2月15日公開予定です。 「新世界から」その3 「春」その1 です。 「新世界から」はマロさんがドボルザークがあの曲に込めたメッセージを解き明かすシリーズの最終章。4楽章の解説と、ドボルザークがアメリカに行った意味・成果についてマロさんの驚く見解が。 「春」はマロさんお得意のヴィヴェルディの「四季」から一番有名

オケ創、マロ塾100

本日、マロさんの誕生日にオケ創のホームページを再開します。 そして「マロ塾100」のスタートです。 こんなに大変な世界でも音楽がいかに貢献することができるか? 可能性を追求していきます。

Commentaires


bottom of page